斎場とは

段ボール箱を運ぶ男女

 斎場という言葉はよく耳にするけれど、その正しい意味をご存知でしょうか。斎場とは葬儀を行う施設や場所のことを指す言葉で、公営や民間の斎場はもちろん教会やお寺なども全てこの中に含まれます。  一昔前はお寺で葬儀を行うのが一般的でしたが、上記でも述べたとおり斎場を選ぶ際には現在はさまざまな選択肢があり、個人の意思や遺族の考えにより柔軟に場所を選択できるようになりました。このようなことが起こる背景には、核家族化や一人暮らしの世帯が急激に増加したことに加え、菩提寺を持たない家庭や経済的な問題から費用を抑えた葬儀を望む方が増えたことなどがあると考えられています。時代の変化や利用者のニーズが、さまざまな斎場を生みだしたといえるでしょう。

 自分の死後どのような送り方をして欲しいのかを生前から考え、エンディングノートなどに残される方が増えてきました。たとえば、大好きな音楽を使った音楽葬を実現して欲しい、家族だけでゆっくり見送って欲しいなど、人の数だけ要望があると思います。しかし、その願いを叶えるために遺族へ負担をかけることは避けたいと考え、なかなか決断できない方も少なくありません。  そのような時には民間の斎場の力を借りるという方法があります。現在民間の多くの斎場では生前から葬儀に関する相談や予約を受け付けており、内容はもちろんかかる費用についてまで具体的に検討することが可能です。万が一の時には葬儀場のスタッフが全てを取り仕切ってくれますので、遺族にかける負担を大幅に軽減することもできます。